読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世界へ!!

SEO、アフィリエイト、検索エンジンまわりのことをログします

見る人によってその物事は全く違うものになる

マーケティング

まずはこのグラフをご覧下さい。

そして率直な感想を一言で呟いて頂けませんでしょうか?

f:id:seo_ou:20130224191226j:plain

いきなりこんなことを聞いてしまいすみません。

このグラフ、なんの意味もない適当に作ったグラフです。

ですがこの同じグラフを見てどう思うか?

ということを考えてみるとマーケティングに役立つと思います。

一例として極端ですが、他の方の感想です。

  • エンジニア:「あ~木曜日のロードアベレージがマックスっぽいですね」
  • デザイナー:「ん~ダサいな。。もうちょっとなんかしよ!デザイン」
  • マーケター:「この木曜日のトラフィックっのキーワードとか見れる?」
  • とある男性:「ん?なんかの株か。FX?」

どうでしょうか?

まったく違う感想でしたか?

それともおーだいたい一緒だった。という感想はありましたでしょうか。 大げさではなく、グラフひとつとっても極端な例ですが、これだけ見る人によって見え方が全く違うということがありえます。

まず、コアターゲットを決めることが重要だと思う

先ほどのグラフではなく何かの商品を誰かに売るということに関しても同じことが
いえると考えられませんでしょうか?

極端ですが、先ほどのグラフがWEB制作会社のHPに載っているグラフだとしてデザインを求めているお客さんが入ってきたら間違いなく離脱すると思いますがなにかのマーケティングデータであれば別にデザインは必要ないですよね。

だからこそ、WEBサイト、WEBページというのはターゲットを決めることが重要ですし
さらにいえば、もっとコアなターゲットを決める必要があるといえます
勿論他にも重要なことはあると思いますがコアターゲットが決まれば何を作るべきかがきまるのです。

  • 広告主としてアフィリエイトで商品が売れなくて困っている
  • アフィリエイターとしてなかなか商品が売れず困っている

たぶんこのように悩んでいる方は多いと思いますが、
いまもしも結果がでていないのであればターゲットを大雑把に設定してしまっていて
無難な訴求しかできず良さが伝わっていないということはありませんでしょうか。

具体的にどういうことか?

例えば、ニキビ専用のスキンケアを扱う商品があったとします。

  • A:「ニキビに悩んでいる女性」
  • B:「ニキビ跡に悩んでいる29才の結婚適齢期の独身女性」

当然ですがBのような悩みを抱えている方の為にコンテンツを作り、その様な方がページに入ってきたらAよりもBのほうがコンバージョンする確率は高まりますよね。

もちろん、商品そのものの魅力やサイト自体の文章構成等々さまざまな要因がありますが
簡単にいうとニキビの特効薬があったとしても、どう伝えるか?ということができないと
誰にも使ってもらえないということになると思います。

極論ですがBのユーザーは、結婚適齢期でニキビさえなくなれば、このニキビ跡さえ
治すことができれば、もっと前向きになって、恋にひた走れるのに。。。
と悩んでいたとします。そこに、例えば昔29才の時に同じ経験をしたことのある方が
WEBサイト上でニキビ跡を克服したという記事が具体的にかかれていたらどうでしょうか?

たぶん、商品の購入云々ではなくなにかを感じると思います。
これが「ササる理由」というやつなのだと思います。


もちろん、製品をいきなり理想通りに変えることなどはむずかしと思いますし
無理やり嘘を書くことはできないと思います。
ですが、見る人によって見えるものが違ってくるということを意識すると
作るべきものが変わってくるでしょう。


ちなみにですがこの記事は、大手ではなく中小零細企業アフィリエイトに参入している広告主様と初心者のアフィリエイターさんに向けて書いた記事です。
(ターゲットが結構大雑把やんけ!)

アフィリエイト向け、中間コンバージョンを確認する方法

アフィリエイト

アフィリエイトで効果測定をするのは色々な方法があるかと思います。

たまにASPさんが提供しているCVしたキーワードがわかるツールなどもあるかと思いますが私はなんとなくキーワードがマーケティングデータとして取られるだろうな

と思い今まで利用したことがありません。

(でもPPCに本格的に参戦するので今度1社つかってみようかなーとも考えています)

今回は、ASPのそういったツールではなくGoogle Analyticsを利用した

中間コンバージョンの測定方法をご紹介します。

※[定義]サイトに設置しているアフィリエイトコードが「どのキーワード」「どのサイトからの流入」でクリックされたのかというのがここでいう中間コンバージョンになります。

ではさっそくどうぞ↓

測定するディレクトリとファイルを用意する

f:id:seo_ou:20130211174925j:plain

既に運営しているサイトに任意のディレクトリ、アフィリエイトコード毎にhtmlファイルを
作成します。

ディレクトリがあったほうがいい理由は本文後半でご説明します。

B(各案件のファイル)のソースは以下のようになります。

--------------------------------------

<html>

<head>

<meta charset="UTF-8" />

<title>公式サイトへ移動中です</title>

<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache" />

<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />

<meta http-equiv="Refresh" content="0; URL=(C)アフィリエイトの飛び先URL">

<!--Google Analitics -->                     

このへんにGoogle Analiticsのタグを入れます。

<!--Google Analitics -->

</head>

<body>

</body> 

</hmtl>

--------------------------------------
<body>内にはなにか「公式サイトに移動中です」とかの文言を入れておくなどは

自由です。

一応もう一度ご案内すると、上記設定を行い 

http://example.com/任意のdir/各案件のファイル.html

このURLにアクセスしたときに、(C)アフィリエイトの飛び先URL

飛ぶことになります。 

なのでアフィサイトの「詳細はこちら」とか「今すぐ見てみる」とか

そういうボタンに「http://example.com/任意のdir/各案件のファイル.html」を

リンクして下さい。
アフィリエイトで扱っている商品が10商品の場合は、10パターンの
各案件のファイル.htmlが必要になります。

Google Analyticsで中間コンバージョンを確認する

上記設定を行った後、Google Analytics管理画面で

確認するのも色々な方法があるかと思いますが、一番お勧めなのは

どういった流入キーワードでアフィリエイトコードを踏まれているか

を確認することになるかと思います。

 

まずは以下図をご覧下さい

f:id:seo_ou:20130211185701j:plain

キーワード一部チラ見せなのでわかりずらいですがご了承ください! 

上記はGoogle Analiticsで以下の手順を踏んだ画像です。

  • ①コンテンツ > サイトコンテンツ > すべてのページ を選択
  • ②セカンダリディメンションで[トラフィック >キーワード] を選択
  • ③アドバンスフィルタで[任意のディレクトリ]を絞り込む

 

これでどのワードで各案件のURLが踏まれたかが一目了然かと思います。
最初に言ったディレクトリを作る理由は③のアドバンスフィルタで中間のコンバージョン
ポイントを絞り込む為です。

SEOではなくリスティング広告の場合

SEOではなくリスティング広告を行う際は、

YAHOO!リスティングやAdwordsがコンバージョン用のトラッキング

コードを用意しているので同様に中間コンバージョン様のファイルに

そのコードを埋め込めばOKです。

Y!リスやGアドワーズ管理画面上でキーワード毎に中間CVが確認できます。

 

アドワーズの場合こんな感じです。
かっこつけのためCVRのたかいやつだけキャプチャしました。

f:id:seo_ou:20130211190955j:plain

 

冒頭の興味に戻りますがリスティング広告をやるのであれば

ASPさんが提供しているCVしたワードが確認できるツールを使うのが

一番かなと思われますが、この中間のCVも非常に解析する時に便利です。

 

便利というか必須なのかなとも思いますが

こういった記事がなかったのででは書いてみるか

ということで書いてみました。

たまに、こういうやりかたをしているサイトのことをSEO的にアフィリコードを

直リンクするのがうんたらというやり取りを見かけますが、これに関しては

ほとんどの方が中間CVを取る為にやっているんですよね。

また、このやりかたをすることにより、アフィリエイトのURLが変更になったりしても
1ファイルの修正だけで済みますので管理も非常に楽になります。

まだやっていない方は試してみてもいいかと思われます。

サイヤ人の様に強くなるアフィリエイター達

アフィリエイト

ドラゴンボールの「サイヤ人」は戦って瀕死の状態になり

復活すると前よりも強くなる人種です。

普通のサイヤ人よりも強くなる為には

死のはざまを勝ち抜いたものだけが伝説のアレになることができます。

 

そう人はそれを「スーパーサイヤ人」と呼びます。
参考:超サイヤ人とは (スーパーサイヤジンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


さて、書き出しはこのへんにして、サイヤ人ではなく、アフィリエイターという人種
ピンからキリまで「稼ぐ人」「稼げない人」がいると思います。
副業でやっているなら稼げなくてもいいと思いますが
アフィリエイト中心で生計、会社の売上を立てるということは不安を感じることが
多いと思います。そこで今後アフィリエイトだけで食っていくことができるのか?
これをサイヤ人と比較して考えてみたいと思います。

 

サイヤ人とアフィリエイターの戦闘力

ドラゴンボールはちょうど、ベジータとナッパが地球を征服しに来た頃に
戦闘力という概念が定着したと思います。

ご存じのとおり当時は、戦闘力がたったの5000程度で

「なんてすげー気だ!!!」と地球を脅かすほどの存在として登場します。

最終回には10億とかになっていますね。

実はアフィリエイト界にも似たようなことが言えると思います。

私は名もなき弱小企業をやっているのですが、アフィリエイトは2005か6年くらいに

かじり始めました。その頃は月間100万円を稼ぐ人はそうそういなかったと思います

つまり当時は100万円を稼げばベジータ、ナッパクラスの存在だったと言えるでしょう。

私たちもアフィリでそこそこ稼ぐことはできていたのですが、会社としてでやっていたので
一番稼いでいるところでも月間1000万円を超えることもできない市場なのか
という考えでアフィリを撤退しました。
そしてWEB制作事業に注力するようになります。(さようならアフィリエイト!)

 

しかし2010年ごろの話です。WEB制作事業にうまみを感じなくなった私は

新しい方向性を模索するようになりました。

そんな時のとある日にIT系の人たちが集まる交流会みたいな会に参加したのです。

その時、とある男の存在を知りました。今でもちゃんとした面識はありませんが、

その彼は月3000万円くらい稼いでいると。。。

私はその数字に対して、アフィリエイトでそこまで稼ぐことができるはずがない。

いやいや。。ないない。。詐欺師め。。と馬鹿にした気持ちでいました。

ですが気になり始めたら止まらない性格でして、色々と調べたところ

どうやらそれは嘘ではないということを知りました。

そして、会社でアフィリエイトをがっつりやっているところは

もっと稼いでいる可能性があるということを知りました。

ちなみに私の知る限り今一番稼いでいるだろうと思われる某社は
会社概要をみると年商2ケタ億といった売上金額を記載しています。

もうここまでくると、ドラゴンボールのスーパーサイヤ人4くらいの強さといっていいでしょう。

※たぶんほぼアフィだけで稼いでる会社だと思われます。

で?これから先アフィで食ってけるのか?

説明がまわりくどくなりました。 
勿論、努力をしないと食っていくことはできない厳しい世界であることは間違いないと思います。ですがアフィリエイト市場はご存じのとおり右肩上がりで売上が上昇しています。
(そろそろ上がりどまるという声もちらほらですが)

 
例えばアフィリではなく直接どこかのメーカーと契約して
販売をしていくレベニューシェアのようなやりかたとアフィリを比較した時、 

冷静になって考えると、いちからパートナーを探し契約を結ぶよりも
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を利用した方が「知名度の高い商材」
「売りやすい良い商材」が見つかりやすい。
冷静になって考えると、アフィリエイトを介した方が、無駄なオペレーションにコストを割くこともせず売ることだけに必死になることが出来る。
冷静になって考えると、弱小企業、少人数の企業であればアフィリエイトの方がかなり稼ぎやすい環境が整ってきている。
と思うのです。


私的には、本当にアフィリエイト市場は
おこずかい稼ぎから完全にビジネスができる市場になったと感じています。 


 その結果かどうかは不明ですが月100万円を稼ぎ出すスーパーアフィリエイターがここ最近

ふえてきているのではないでしょうか。
 

よく公開される、稼ぐアフィリエイターは全体の3%とかいう数字がありますが、

冷静になって考えると、確か今300万人くらいのアフィリエイターがいるということですので

9万人が稼いでいるアフィリエイターということになると思います。

その9万人はすんなり稼いだ人もいたり、地獄を見た人もいると思いますが

昔と比べると稼ぐ人が明らかに増えているわけです。

ベジータとナッパが来たころに驚かれていた戦闘力5000が最強と言われていたのと
同じようにアフィリエイターも どんどん強くなってきているのです。

数年前1円も稼ぐことができなかった人たちが10万円、100万円を稼ぐようになり

将来的には

  • 1000万円(スーパーアフィリエイター2)
  • 1億円(スーパーアフィリエイター3)
  • 10億円(スーパーアフィリエイター4)
  •  ???円(スーパーアフィリエイター5)

※数字は月の売上

というように、結果をだすアフィリエイターが続々登場してくるかもしれません。

すごく稼ぐアフィリエイターがたくさん増えれば、広告代理店さんや広告主さんも

アフィリに対する予算を増やすかも知れません。
いや、かもというか増やすでしょう。

そして新規参入をしようと考え方も意識し始める広告主さんもますます増えるのでは
ないでしょうか。
 
「良い案件が増えれば、稼ぐアフィリエイターが増え、アフィリエイターが稼げば
新しい案件、広告費が投入される。結果アフィリ市場は拡大し安定する

このような流れになるのではないか?いやなってほしいと私は思います。
 

ドラゴンボールでいうと「悟空」が次から次へとサイヤ人の壁をぶちやぶっていきます。

それを見たベジータは「なぜだ~俺はサイヤ人の王子何だぞー」と悔しがり努力し悟空に追いつき、息子世代の悟飯やトランクスは悟空やベジータの背中をみて、やがて悟空の戦闘力に

近づいていきます。サイヤ人が全体的に強くなっていっているのです。

ライバルがいるから彼らは皆で強くなっているのですね

 

これと同じようにアフィリエイターもどんどん強くなっているのです。 

次の壁を、誰が一番最初にアフィリエイターの壁を超えるのでしょうか。

誰かが壁を越えれば、おそらくベジータ悟飯のように追いつけ追い越せで

その壁をどんどんぶちやぶるアフィリエイターが続々登場してくると思います。

 

だから、私もアフィリエイト市場が大きくなるのと同じように

どんどん強くなりたいと思います。
サイヤ人が死のはざまを乗り越えた時強くなるように
最悪のどん底がきても乗り越えて強くなってやりましょう

ちなみにですが言うまでもなく、私は今は完全なるアフィリエイターです。(WEB制作事業は辞めました)フルパワーでアフィリにうちこめるのが幸せです。